不整脈は心臓の悲鳴なのか 洞性不整脈とは 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんと今回の記事も洞性不整脈についてです(笑)

しかもその2とかその3とか多いね(汗)

でも、洞性不整脈って別に心配いらないんだろう?って言われそうですが
もう少し詳しく書いておこうかなと。

せっかく調べた訳ですし、洞性不整脈なんて今まで知らなかったんですから。

皆さんはご存知でした?

私は知りませんでしたし、だいいち不整脈にあれこれ種類があることも初めて知りました。


さて、洞性不整脈は心配のない不整脈と書きましたが、正確に言いますと「比較的」と
いう形容詞が付きます。

おいおい、いい加減にせーよとお叱りを受けそうですが、やはり全く心配いらないという訳には
いかないようです(汗)

えーと、その前にまずちょっと前回の記事の追加事項。

洞性不整脈は、呼吸の状態によって脈拍が変動する症状であると書きましたが、
そのため呼吸性不整脈とも言われるそうです。

とりあえず、これだけは書いておきたかったのさ~。

まず、洞性不整脈と診断されたとして、どんな時に注意が必要なのかという事ですが
残念ながら明確な指針がなく医師の判断に頼るしかないようです。

ただし、洞性不整脈と診断された中にも心配な不整脈の可能性が隠れている場合が
ある為、経過観察を必要とするケースがあるようなんです。

中でも洞性頻脈(運動時に見られる頻脈)が、安静時に見られる場合もあり
他の疾患が考えられることもありますので、経過観察や時に体全体の精密検査
が必要な場合もあるそうです。

やはり、心配いらない場合が多いとは言え多少の注意も必要かも知れませんね。



最後に、原因となりそうな事柄も書いておきます。

運動や精神的緊張、アルコールの取り過ぎ、過労、ストレス、又は逆に運動不足などです。

PR

洞性不整脈について調べてみたので書いてみたいと思います。

まず読み方ですが「どうせいふせいみゃく」と読みます。

先に言ってしまいますが、この洞性不整脈は比較的心配のいらない
不整脈だと思いますのでご安心ください。

よく健康診断などで診断されることも多いため、ちょっとびっくり
して「おれ不整脈って診断されちまったよ~」と驚く方も多いでし
ょう。

でも医者は心配いりませんと言うでしょうし、「じゃあ、洞性不整脈って何なんだよ?」と
疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

洞性不整脈とは、特に病気でもなく健康な人にでも現れる不整脈で、
どちらかと言えば若い人に多く見られるそうです。

もちろん子供さんにも多く見られる不整脈らしいです。

普通、走ったり運動したりすると脈は速くなります。

しかし、しばらく休んで安静にしていると徐々に遅くなっていきますよね。

それが普通だと思うんですが、この洞性不整脈と診断された方のよくあるパターンは
呼吸の状態によって脈拍が変動するという事です。

より具体的に言いますと、平静にしている状態で息を吸う時は脈が速くなり息を吐く
時は脈が遅くなるという症状です。

でも、これだけ聞くと別に誰でもそうなんじゃないの?と思う方もいらっしゃると思います。

現に私もちょっとそう思うんですよ。

しかし、ポイントは平静にしている状態でという点です。

平静という点を考えると、やっぱりちょっとおかしいとも思えます。

そして、洞性不整脈と診断される場合はこの傾向が比較的強く現われている場合なので
はないでしょうか。

つまり、呼吸の際の吸気時と呼気時の脈拍の差が比較的大きいのではないかと思います。

スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]