不整脈は心臓の悲鳴なのか 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


不整脈についてもう一度考えてみたいと思います。

というか、申し訳ないですけど本当は別の題材
に焦点を絞って書こうと思っていたんですが、
なぜか不整脈ってつくづく困った症状だなと思
ったので、訳のわからない記事になりそうです(汗)

まあ、不整脈自体がなんとも得体の知れない病気だと
感じる方も多いと思います。

正直、私も得体が知れない生物の神秘的な
感覚を感じるのも事実です。

っていうか、心臓が死ぬまで一定のリズムを
刻み続けることを真剣に考えれば考えるほど
ノイローゼになりそうです。

この感覚は不整脈を意識した方でないと
全く理解できないと思います。

拍動を意識することなんて激しい運動でも
しない限り感じないからです。

しかし、これまで調べてきた限りでは、不整脈って
想像以上に様々な病気の引き金になるということが
分かってきたわけです。

それも相当やばい病気…。

脳梗塞や心不全とか、どう考えても、その方向には
いかんでくれよと…。

いや、おどすつもりは毛頭ありません。

でも、そんな可能性があるということが
調べていくうちに分かったのは良いこと
なのか悪いことなのか。

ただ、これは誰にでも起こりうることであって
特に健康優良児だったとしても加齢による不整
脈だって当然あるわけだから、人ごとではない
のです。

まあ、人間は年をとるのだから、様々な不調が
出てくることは誰しも分かっていることでしょう。

おっさん的には、その情報をお伝えするのみって
感じでしょうか。

人間、健康が誰しも気になる重大事項であることは
間違いないし、遅かれ早かれ平等かどうかは分から
ないけれど、あなたの身近な問題になることは間違
いありません。

え~と、本当は違う話題の予定でした(汗)


PR  美容の話なら何でも♪

PR

頻脈性不整脈の治療で、前回はカテーテールアブレーション
について書きましたが、他には植込み型除細動器というもの
があります。

まあ、頻脈というよりも心室細動や心室頻拍などの命に関わる
不整脈の経験者の方や、その可能性の高い人に適用します。

かなり辛い症状の可能性のある方への治療器具ですから
私自身もすこし気が重くなります。

この治療を受け入れること自体勇気がいることだとは
思いますが、命に関わる不整脈ですかし、その効果は
他の治療と比較しても非常に高いと言われています。

さて、植込み型除細動器の機能ですが、例えば心室細動
が起きた時に、それを自動的に感知して適切な電気ショ
ックを与え、拍動を正常な状態に戻します。

ただ、電気ショックの際には植え込んでいる本人も
強いショックを受けることになります。

これを簡単に説明すると、ここのところ様々な施設や
駅・空港などに続々と設置されているAEDというもの
を聞いた事があると思います。

AEDすなわち体外式自動除細動器です。

極端な言い方かもしれませんが、このAEDを体内に
植え込んだ状態と考えていただければ分かりやすい
かもしれません。

もちろん、植込み型除細動器は他にも様々に自動化
された適切な治療を行う機能が備わっています。

ちなみに、ペースメーカーの20グラム程度の大きさ
と違い、植込み型除細動器は100グラム程度と機械
自体は大柄となります。

また、電池式ですので、その発作の頻度によって交換
の時期は個人個人でことなります。

命に関わる不整脈に対しても、この植込み型除細動器
のような機械が一般的な治療器具として普及している事
は、良い事なのではと個人的に思います。

スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]