不整脈は心臓の悲鳴なのか 不整脈の治療 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

頻脈性不整脈の治療で、前回はカテーテールアブレーション
について書きましたが、他には植込み型除細動器というもの
があります。

まあ、頻脈というよりも心室細動や心室頻拍などの命に関わる
不整脈の経験者の方や、その可能性の高い人に適用します。

かなり辛い症状の可能性のある方への治療器具ですから
私自身もすこし気が重くなります。

この治療を受け入れること自体勇気がいることだとは
思いますが、命に関わる不整脈ですかし、その効果は
他の治療と比較しても非常に高いと言われています。

さて、植込み型除細動器の機能ですが、例えば心室細動
が起きた時に、それを自動的に感知して適切な電気ショ
ックを与え、拍動を正常な状態に戻します。

ただ、電気ショックの際には植え込んでいる本人も
強いショックを受けることになります。

これを簡単に説明すると、ここのところ様々な施設や
駅・空港などに続々と設置されているAEDというもの
を聞いた事があると思います。

AEDすなわち体外式自動除細動器です。

極端な言い方かもしれませんが、このAEDを体内に
植え込んだ状態と考えていただければ分かりやすい
かもしれません。

もちろん、植込み型除細動器は他にも様々に自動化
された適切な治療を行う機能が備わっています。

ちなみに、ペースメーカーの20グラム程度の大きさ
と違い、植込み型除細動器は100グラム程度と機械
自体は大柄となります。

また、電池式ですので、その発作の頻度によって交換
の時期は個人個人でことなります。

命に関わる不整脈に対しても、この植込み型除細動器
のような機械が一般的な治療器具として普及している事
は、良い事なのではと個人的に思います。

PR

不整脈の非薬物治療の続きです。

前回はペースメーカーについて書きましたが、今回は
カテーテル・アブレーションについて書いてみたいと
思います。

不整脈の治療ではやはりカテーテル・アブレーション
という言葉を見聞きした方も多いのではないでしょう
か。

実は頻脈性不整脈に対して行われる治療法なのですが
、その他に植込み型除細動器を体内に植込む治療法も
あります。

このカテーテル・アブレーションという不整脈の治療
法ですが、簡単に言うとカテーテルを使って異常な電
気信号の発生源や回路を高周波で焼き切るというもの
になります。

しかし、よくこんな方法を思いついたもんですね。

不整脈の原因である異常な電気信号や回路を薬で抑える
のではなく、直接焼いてしまうっていうんですからすご
いです。

ここで、ちょっと補足説明。

回路って言葉を使いましたが、この意味についても一応
書いておきます。

これは、不整脈のメカニズムである異常な電気信号が回路
のように心臓の中をぐるぐる回る場合を意味します。

つまり異常信号が一ヶ所から拡散する場合とぐるぐると
回る場合があるという事です。

カテーテル・アブレーションを行うには、この異常部位が
特定できなければ治療できません。

これは心電図検査などによって調べる事となります。

一般的には局所麻酔を施し、足の付け根の太い血管から
カテーテルを挿入して心臓まで送り込みます。

この際にも心電図の計測を行い、異常部位を探しながら
治療を行います。

更に背中には対極板を当ててカテーテルの先端を心臓の
内内壁に当て高周波電流を流して、適切な温度と時間で
焼いていくのです。

カテーテル・アブレーションは薬物治療と違い、異常部位
を直接的に取り去る訳ですから、不整脈の根治が期待でき
ます。

ただし、まれではありますが、心臓の筋肉や弁の損傷などの
合併症が起こるリスクもあります。

何故なら、カテーテルという硬いワイヤーを血管を通して
心臓に送り込む事になる為です。

しかし、昔は直接胸を切り開いて治療していたのですから
患者さんの負担は大幅に軽減されます。

この様な理由から急速に普及しました。

今では日本で、年間1万人以上もの人がこの治療を
受けていると言われています。

スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]