不整脈は心臓の悲鳴なのか 不整脈の非薬物療法について 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不整脈の薬物治療について書いてきましたので、今回は
不整脈の非薬物療法について書いてみたいと思います。

本来ならば、薬で不整脈の症状が抑えられたり、改善で
きれば良いのですが、十分な効果が出ない場合もあると
思います。

と言っても、症状が比較的軽かったり、生活に影響がな
い場合なら、お医者さんと相談しながら様子を見るなり
できるでしょう。

例えば、薬の量を変えてみたり、同様の効果が期待でき
る別の薬を試したりなど、副作用を考慮しながら自分に
とって一番良い状況になれば良い訳ですね。

しかし、薬物治療をおこなっても、日常生活に支障があ
る症状があったり、命の危険がある種類の不整脈の場合
には、非薬物療法をおこなう事も考えなければなりませ
ん。

まあ、言葉的には薬物治療以外を単純に非薬物療法と言
うんですけどね。

この非薬物療法で、私も含め皆さんが最初に思いつくのは
ペースメーカーの植え込みだと思います。

ペースメーカーは、徐脈性不整脈の治療の為に植え込む事に
なります。

最近では、大きさも重さも昔の物に比べて非常にコンパクト
になってきており、大きさは500円玉程度、重さは10数
グラム程度なんて感じです。

ペースメーカーは、拍動が遅くなった時に、人工的な電気刺激
を発して、そのリズムを整える為のものです。

では、その対象となる状況とは具体的には、どんな場合なの
でしょう。

一つには、徐脈の症状が強く、日常生活に支障がある場合。

もう一つには、徐脈の症状が更にひどく、心不全や突然死の
危険がある場合です。

これって、大変な事ですよね。

つまり、徐脈も症状が重いと、心臓から送られる血液が少なく
なってしまう事になるので、脳や心臓やその他の臓器に悪影響
を及ぼす事になってしまうんです。

さて、非薬物療法ついては、次回も続きます。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]