不整脈は心臓の悲鳴なのか 不整脈の薬物治療 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不整脈の治療でも、やはり気になるのが薬物療法です。

今回も、特に抗不整脈薬について書いてみたいと思います。

実は、抗不整脈薬は主に頻脈性不整脈に用いる事が多いのです。

主にその症状が持続する場合などに使用されます。

そこで、使用方法についてですが、発作の起こり方に応じて
二つの薬を使い分けます。

それは、継続的に使用する薬と発作が起きた時に使う薬の二つとなります。

因みに、徐脈性不整脈の治療は、薬物で治療するよりもペースメーカー
を植え込む事の方が多いようです。

また、期外収縮でも日常生活に支障がある位症状が強い場合には、
継続的な薬による治療を施します。

その場合には、チャンネル遮断薬(電気信号の伝導経路を遮断する
作用がある)で、作用が比較的弱めのものを使用する事もあるようです。

まあ、遮断すると言っても、心臓が拍動する為の電気信号が伝わるのを
遅くする目的ですので、勘違いなさらないように。

頻脈性不整脈に使用する抗不整脈薬の主な薬についても書いて
みたいと思います。

これは、チャンネル遮断薬、β遮断薬、ジギタリス薬の三つです。

チャンネル遮断薬は、電気信号の伝導を遮断する作用。

β遮断薬は、自律神経に働きかけて、心臓の拍動を抑える。

ジギタリス薬は、房室結節から電気信号が伝わる事を遮断します。

抗不整脈薬の使用で、おかしいと思う症状が出た場合には、
すぐにお医者さんに相談して下さい。

特に、動悸や息切れ、また手足の冷えや倦怠感などの症状は要注意です。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]