不整脈は心臓の悲鳴なのか 不整脈とは3 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

不整脈についてなんとなく概要がつかめてきた感じですが、
もう少し不整脈について書いていきたいと思います。

不整脈が脈の打ち方がおかしくなると言うのは分かりましたが、そもそも心臓の拍動
はどういった仕組みでつかさどられているのでしょう。

正直、あまり深く考えすぎると夜眠れなくなりそうですが(そもそも生きていられる根本
を調べるようなものですから)ちょっと興味出てきませんか?

えっ、別に興味なんぞ湧かないって?

まあ、たまにはこんな事柄調べるのも良いじゃないですか。


そもそも心臓は筋肉でできた臓器なんだそうです。

そしてその筋肉を動かす為に電気が使われるんだそうです。

そういえば痩せる為の健康器具で電気を筋肉に流して意識せずに
筋肉運動を行わせたり負荷をかけるなんてものもありますね。

ある意味楽ですし、頑張るなどという意識も必要がない
面白い機械だと思います。

でも、そう考えるとちょっと危険な気もしてきます。

認可を受けた器具でしょうから大丈夫だと思いますが、使用方法を誤って
心臓が勝手に変な動きなんかしないんでしょうかね~。

だって心臓も筋肉でできた臓器ですから、怖いっていえば怖いです。

話が少しそれましたが、心臓を動かす為の電気はどこから来るのかと言いますと
心臓の上の方にある洞結節(どうけっせつ)という部分なんだそうです。

つまり、この洞結節(どうけっせつ)という部分が一定のリズムで脈拍の回数分の
電気刺激を発生させて心臓を動かしているわけです。

ですから、この電気が正常に発生しなかったり、不規則だったり、電気発生の回数が
異常に多い、少ないなどの事が起これば、それが不整脈そのものだということです。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]