不整脈は心臓の悲鳴なのか 不整脈と期外収縮2 忍者ブログ
不整脈が心配でヒビリまくる管理人が不整脈について調べた様々な事

スポンサードリンク

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回に引き続き期外収縮についてです。


この期外収縮という不整脈は、私が想像していたよりも危険な兆候と
なる可能性があるようです。

期外収縮自体はそれほど心配はいらないらしいんですが、これをきっかけに
危険な不整脈に移行する可能性があるらしいんです。

また、期外収縮が何か別の病気の信号である可能性もあるみたいです。

やばいですな~。


以前も書いていましたが期外収縮は不規則な拍動のパターンを
発生させるもののようです。(一概には言えませんが…)


さて、期外収縮にも何やら種類らしきものがあるようです。

それは、心房性期外収縮と心室性期外収縮です。

こうなってくると心臓そのものの説明を何時かしなければならないのかも
しれません。


不整脈を調べていけばそうなるだろう事は予想してはいましたが、
なんだかややこしそうです。

はっきり言って、ややこしいのは嫌いです(笑)

なんと言っても、私は単なるおっさんですから…


そう言えば、某図書館で受験勉強していた遥か昔、明らかに医学部らしき
学生が異様なほど勉強している姿を見た記憶があります。

そう思うと、ただのオサーンが理解できる範疇もおのずと決まってくるんで
しょうね。

しかし、このオサーンが理解できる範疇は誰もが理解できるとも考えられますから
不整脈について知りたい方にとっては、ちょっとは役立つのかも知れません。

な~んてね。

しかし、不整脈は奥が深いですね~(おっさんにとっては)


とりあえず、心房と心室について簡単に書いておきます。

心房も心室も左右あり、心房は心臓の上の方にあり血液を貯める
部屋と考えて下さい。

心室は、心臓の下の方の部分で血液を送り出す部屋と考えて下さい。

まあ部屋が四つあると言う事ですね。


こりゃ、次回に続くという事でご勘弁を。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
スポンサードリンク


健康関連リンク集
忍者ブログ [PR]